ワンちゃんの体に負担のかかる抱っこの仕方していませんか?
ワンちゃんに間違った抱っこの仕方をすると、内臓や骨に大きな負担がかかることがあります。きゃしゃな犬種だと、骨が外れることもあります。正しい抱っこの仕方をしてあげましょう。

愛犬の関節や内臓に負担をかけない正しい抱っこの仕方がるってご存知でしたか?

oroshitekure

みなさまも、愛犬をついつい抱っこしてあげたくなることがあると思います。しかし、正しい抱っこの仕方は意外と知られていません。間違った抱っこをすることで犬に負担がかかることを防ぐためにも、今回は正しい抱っこの仕方について学んでいきましょう。

赤ちゃん抱っこは犬に負担をかけてしまいます!

赤ちゃん抱っことは、犬の前足の付け根を持ち上げる抱っこの仕方です。犬の後ろ脚がぶらぶらとぶら下がる形になります。赤ちゃん抱っこは、小型犬を抱っこする際によく行われますが、こちらは犬の関節や腰を痛める恐れがあるので、やめた方が良いのです。
また、犬は本来が四足歩行の動物であるため、赤ちゃん抱っこは犬の内臓に大きな負担をかけてしまうことがあります。

【告知】ドッグフード 評価ならここがオススメ!愛犬に良い食事を!

正しい抱っこの仕方とは!?

では、犬を抱っこする際は、どのようにするのが良いのでしょうか?まず、犬は基本的には抱っこしないのが望ましいのです。しかしながら、散歩の途中や犬にせがまれて抱っこする場合というのは存在すると思います。
そういった場合は、犬が地上にいるときと同じ姿勢を意識して抱っこすることが最良の方法です。具体的には、犬を横から抱きかかえてあげるイメージでしょうか。そうすることで、犬の関節や内臓への負担を減らすことができます。

道具を駆使することも大変に有効です!

このように犬の抱っこはなかなか難しいものです。そういった場合は、市販のキャリーバッグやバスケットを使ってみると良いでしょう。それらの多くは片手で犬を運ぶことができるため、日常において非常に便利なグッズとなっています。また、最近は様々なデザインがあるため、ご自分の気に入ったものを使うことができると思います。

犬への負担を第一に考えてあげましょう!

愛犬は可愛くてたまらないものです。人間の赤ちゃんを抱っこするように抱っこしたくなる気持ちもわからなくはないのですが、間違った抱っこは犬へ大きな負担をかけてしまいます。愛犬の健康のためにも、正しい抱っこを仕方を理解し、それが難しい場合はキャリーバッグなどを有効活用してくださいね!