知っておいて損はない!去勢手術が犬に与える影響について

知っておいて損はない!去勢手術が犬に与える影響について

昨今は犬に去勢手術を行う方も増えてきていると思います。では、このように去勢手術を行うことで犬にはどんな影響があるのでしょうか。そういった点を知っておくことで、去勢手術を受けさせるか否かの選択をすることができるよようになります。

性格はどのように変わるのでしょうか

一般的な感覚としましては、去勢手術をすることで性格が穏やかになるというイメージがあると思います。これは実は間違ってはありません。しかしながら、犬の性格自体が全く変わってしまうということではない点には注意が必要です。
といいますのも、去勢をすることで犬には発情が起こらなくなります。その結果、そういった性ホルモンによるストレスから解放されることになり、それで性格が穏やかになったように感じられるというわけなのです。しかしながら、稀な例ではありますが、手術により過度のストレスを受けることで、手術後の性格が凶暴になってしまうこともあるようです。

マーキングはどうなるのでしょうか

マーキングは、犬が自分の縄張りを示すための行動ですが、去勢手術をすることでこの行動についてはどうなるのでしょうか。こちらについては非常に個体差があります。といいますのも、成犬になってからの去勢手術では、すでにマーキングが習慣として刷り込まれているため、手術をしたからといってマーキングがなくならないことが多いのです。

太りやすくなるのでしょうか

一般的に去勢された犬は太ることが多いようです。しかしながら、それは犬の代謝が落ちたり、食欲が増進されたからというだけでなく、買主が余計におやつをあげてしまうことによるものであることが多いです。手術をしたというだけで、ぶくぶくと太っていくことはないので、食事管理をしっかりとしてあげましょう。

去勢手術では動物病院選びが重要です!

犬であったも手術は大変なことです。術後のケアもしっかりと行ってくれる動物病院を見つけることで、犬に過度なストレスを与えることなく手術をすることができます。

犬のおやつに美味しくて低カロリーで手軽に手に入るバナナが最適

犬のおやつに美味しくて低カロリーで手軽に手に入るバナナが最適

愛犬のおやつは、やっぱり体に良いもので経済的にも無理のないものが理想です。そんな理想の愛犬のおやつに、なんとバナナがおすすめとのこと。バナナが犬に良いなんて知らない人も多いのではないでしょうか。

愛犬のおやつの条件

愛犬のおやつの条件は、はやり安心して食べさせられるものが一番です。最近では添加物の多いおやつなども出回っていますが、できればナチュラルなものがベストではないでしょうか。そして愛犬が美味しく食べられることと、腹持ちが良いこと、そして最近の愛犬は運動不足もあるので低カロリーであることも条件に入れたいところです。
ワンちゃんだっておやつはとても楽しみな時間なので、できるだけ喜んでくれるものを与えたいもの。そしてやはりお財布に優しいことも重要ではないでしょうか。これらの条件をすべて兼ねているものがバナナだったのです。

バナナの魅力

愛犬のおやつにバナナとは、ちょっと驚いた人もいるのではないでしょうか。しかしバナナには魅力がいっぱいなのです。まず愛犬にとってバナナはとても甘くて美味しいおやつだということ。ましてドッグフードばかり食べている愛犬にとって、なんとも素晴らしい味と香りではないでしょうか。ワンちゃんも大満足のはずです。つまりワンちゃんの精神的な満足度も高まります。
そして腹持ちが良いので食いしん坊さんの愛犬でもokですが、カロリーは控え目なので安心です。そしてわたしたち人間にとっても食物繊維が豊富なバナナは腸内環境を良くしてくれることでも知られていますが、ワンちゃんにとっても整腸作用が魅力です。

バナナを食べさせる際の注意も

しかしバナナをおやつに食べさせるときには、注意しなければならないことも。美味しいバナナはワンちゃんもお気に入りになるはずです。あまり美味しくないドッグフードより当然美味しいと感じるでしょう。だからこそ食べ過ぎには注意が必要です。
おやつの食べ過ぎで食事が入らなくなってしまったり、いくら低カロリーのバナナでも体にも食べ過ぎればカロリーの摂り過ぎにもなります。5キログラムのワンちゃんの場合でバナナ1日2分の1程度が目安で食べさせるようにしましょう。
ワンちゃんのためにも与える量を注意して、美味しいおやつを食べさせてあげたいものです。そして元気に長生きするためにも、バナナは最高のおやつではないでしょうか。

留守番の愛犬のエアコンは何度がいいの?停電対策はどうしている?

留守番の愛犬のエアコンは何度がいいの?停電対策はどうしている?

真夏の暑い中や真冬の寒い中では、愛犬のお留守番にはエアコンは欠かせません。でも犬にとって良い室温って何度なのでしょう? そしてもし停電になったらどうしたらいいのかなど考えてみましょう。

お留守番のときに室温について

夏の暑さや冬の寒さの厳しいときには、窓を閉めっぱなしでのお留守番など絶対にワンちゃんの命にかかわることもあります。そのためエアコンをつけてあげるようにしましょう。そのときの室温設定は基本的には外と室温の差が5度と言われています。
例えば真夏に外が30度だったらエアコン設定では25度程度です。しかし朝出掛けるときにもう30度ある場合、夕方には35度ぐらいになる可能性があります。夕方になっても帰ることができないなら、35度になることも想定して、28度程度にしておくといいのではないでしょうか。
しかしワンちゃんの熱中症も気になるところです。熱中症の場合は、温度だけでなく湿度も関係してきます。そこでエアコンの除湿機能の利用もおすすめです。これならサラッと湿度も低く一定の涼しさもあって愛犬も気持良く過ごせるのではないでしょうか。

停電したらどうするの?

しかし電気製品に頼っていて一番怖いのが停電です。夏などは雷などによる一時的な停電なども結構あります。そんなときにはどうしたらいいのでしょう。防犯のために窓はすべて閉めている家も多いはず。でも犬は暑くなったら冷たい床を探して寝そべったり、日の当たらない日陰に体を寄せたり、動物の本能で非難してくれます。そのため人間のようにダメージが大きくないはずです。
そして、できるだけワンちゃんを自由にしておきましょう。例えばオリの中に入れてしまうと、ワンちゃんは動きが取れません。しかし部屋の中を自由に移動できるようにしてあれば、どうにでも避難することができるはず。そしてできればアルミプレートや大理石を敷いておくと、少しでも冷たいところにワンちゃんは避難しています。そんな避難場所を、幾つか作っておいてあげるといいのではないでしょうか。

ワンちゃんは人間とは違う

ワンちゃんだって人間と同じように、暑すぎや寒すぎは嫌なものです。でも人間が考えるより、ずっとたくましいものです。そのためちょっとした工夫で、停電など文明の利器が使えなくなっても上手に乗り越えてくれます。人間と同じように考えてしまいがちですが、その辺は人間とは違うことも知っておきましょう。

ゴールデンレトリバーについて知りたい・ゴールデンレトリバーについてのあれこれ

ゴールデンレトリバーについて知りたい・ゴールデンレトリバーについてのあれこれ

ゴールデンレトリバーが好きな人、もっと知りたい人、飼いたいと思っている人も多いのではないでしょうか。そんな人にゴールデンレトリバーのさまざまをご紹介しましょう。

ゴールデンレトリバーの起源について

19世紀にスコットランドのダッドリー・マーシュバンクス伯爵の交配によって誕生したと言われています。交配といっても1回や2回の交配ではなく、何十年も掛けて何回も交配を重ねて今のゴールデンレトリバーが生まれたのです。

外見の魅力

ゴールデンレトリバーの外見が、とても美しいことでも知られています。美しい長い毛は白っぽいベージュから狐色系のものが多く、とてもツヤがありふさふさした美しい毛です。雌の体重は約24〜29?、雄の体重は約29〜34?程度と、雄の方が少し大きめになります。

ゴールデンレトリバーの系統

ゴールデンレトリバーにはアメリカ系とイギリス系があります。アメリカ系の方が色が濃いめで全体に体型がすっきりしており、鼻も高くなっています。全体にふっくらしてがっちりしたイメージで、毛の色が薄めの方がイギリス系と言えます。

どんな性格?

やはりこれからゴールデンレトリバーを飼いたいと思っている人などは、性格も知っておきたいところではないでしょうか。アメリカ系とイギリス系では少し違いがあり、傾向としてはアメリカ系は明るく元気が良く、イギリス系は静かで大人しいということで見た目どおりという感じです。
とはいっても全体的には賢く、温和で頭が良く、親しみがあるタイプとのこと。そして飼い主の気持ちを察することがとても上手です。また忍耐力がありますが、寂しがり屋で家族と一緒に行動することが大好きです。しつけもしやすく、子どもでも扱いやすい犬種です。

運動量について

ゴールデンレトリバーの運動量は、1日1時間のお散歩を1〜2回が理想です。少なくとも1日1回は1時間程度の運動をさせてあげたいものです。

ゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバーって同じ犬種じゃなかったの?

ゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバーは同じ犬種だと思っている人がとても多く、どちらがどちらか分からない人もいるようです。ラブラドールレトリバーには黒やチョコ色タイプが多いようですが、ゴールデンレトリバーにはこれらの色はありません。
名前も似ているし、外見的にもとても似ていると感じている人も多いのではないでしょうか。しかしゴールデンレトリバーはウェイビーコーテッド・レトリーバー/ツウィード・ウォーター・スパニエルなどの交配から生まれ、ラブラドールレトリバーはセント・ジョンズ・レトリーバー/ニューファンドランドなどの交配から生まれており、基本的には犬種は違うのです。