意外なものも?犬に食べさせてはいけない危険な食べ物について

意外なものも?犬に食べさせてはいけない危険な食べ物について

犬を飼う上では、大事なのは食べ物の管理についてです。
犬用のペットフードを与えていれば基本的に問題ないのですが、それ以外の部分で犬が食べてしまわないようにする、ということも大事なことなので気をつけることについて紹介しましょう。

犬に絶対食べさせてはいけない物

実は、犬は人間と内臓や腸内構造が違うため人間には平気な物でも毒になる食べ物という物があるんですね。
これらは、健康を害するどころか生命に関わることもありますので要注意です。
代表的なのが玉ねぎやネギですね、これらは犬にとっては猛毒で食べるだけで最悪の場合は死に至る事もあるのであげないようにすることはもちろんですが、犬が拾い食いをしたりしないように絶対に外に出したまま放置したり、野菜の欠片などを落としたままにしないようにしましょう。
ちょっとでも口にするのが危険なので、与えないだけでなく犬が誤って食べないように管理するということが大事になってきますね。

それ以外に気をつけたい物は

他には、ネギなどと同じくニンニクやアボカドも食べると危険なので絶対に食べさせないようにしましょう。
他には、チョコレートやカフェインなどが入っている成分は体に良くないので注意してあげましょう。
他には、生の肉や魚なども寄生虫が居る場合がありますのでこれもあげるならば加熱してから与えるように気をつけた方がいいですね。
あとは、塩分の濃い物や香辛料などの刺激物なども人間以上に犬には影響を与えがちですので、気をつけてあげたほうがいいですね。

意外な物もだめ

ほかには、実は牛乳もダメです。
犬も猫も人間の飲む牛乳は乳糖分解酵素がないためお腹を壊してしまうんですね。
あげるならペット用のミルクか、赤ちゃん用のスキムミルクなどがいいでしょう
他にも、最近わかった中毒症状を起こす食べ物の一つがぶどう類の食べ物ですね。
特に、ぶどうの皮は非常に危険なので、食べた後のぶどうの皮の処理は気をつけましょう。