ペットロスを防ぐ、愛猫との上手な付き合い方

ペットロスを防ぐ、愛猫との上手な付き合い方

人間と同じ様に猫にも何時必ず訪れる『死』
猫の寿命は10年〜20年と言われています。 
現代社会で大きな問題となっている『ペットロス』
愛猫がこの世を去った後、あなたはペットロスと向き合う事は出来ますか?
何時か来るその時の為に、今私たちに出来る事とは・・・

愛する猫の『命』を理解する

人間よりも遥かに短い猫の寿命。
死を受け入れる事が出来ず、深刻なペットロスに陥ってしまう。
確かに、愛する猫の死は受け入れ難いものです。
しかし、彼らと過ごしたかけがえの無い時間や思い出は決して消える事はありません。
猫の寿命、命の長さを理解し、自分が彼らに何を与える事が出来るのかを考えましょう。
今からそうしておく事、突然訪れるペットロスともキチンと向き合う事が出来ます。

今から私たちに出来る事

◯後悔しない様、最大限の愛を注ぐ
「飼い猫に私は何をしてあげただろうか」「私は彼らに何を与えただろうか」
こういった自責の念や後悔がペットロスへと繋がっていきます。
あなたは一つの命をしっかりと育み、数え切れない幸せを飼い猫に与えている筈です。
もし、何かまだ『してあげたい』事があるのであれば、後々、後悔しない様出来る範囲でやってあげましょう。
また、あまりに辛い別れのために『こんなに辛いのならば飼わなければよかった』と考えてしまう人も多くいます。
それは大きな間違いです。
愛猫が初めて家に来た時から、あなたは数え切れないほどの喜びを感じている筈です。
それは猫にとっても同じです。
思い出を無かった事にするのは、あまりにも悲しい事です。
『この子を飼ってよかった』
胸を張ってそう言える様、今という時間を大切にしましょう。

前を向いて進んでいこう

飼い猫がいない事実を受け入れるのは難しい事です。
しかし、何時までも下を向いていては何も変わりません。
別れは終わりでもあり、新たな事への始まりでもあります。
愛猫との時間はあなたの中で永遠に生き続けます。
旅立った猫との思い出を大切な宝物にして、また前を向いて進んで行きましょう。