ワンちゃんのお口について

ワンちゃんのお口について

あなたのワンちゃんのお口は大丈夫ですか???

お口は触れますか?

このような質問をするとほとんどのオーナー様の答えがNOである。実際診察の時に口を獣医師がめくろうとすると嫌がって前歯を出して威嚇する、怒って噛みにくるというワンちゃんは多く存在する。では、なぜいつもはお利口なウチの子がお口を触ると怒るのか?それはお口が痛いに他ならない。

ワンちゃんのお口の多くは歯周病

前述したお口が痛い子たちの口を見てみよう。昔は真っ白だった歯が歯石で見るも無残な見た目をしており、歯肉は真っ赤で少しガーゼ等で触れるだけで出血する。よくよく臭いを嗅いだらドブ臭いなんてことはしょっちゅうだ。では、このような歯周病はどうしたらいいのだろうか。

トリミングで行う歯石取りは間違い

今回、声を大にして言いたいことはここである。トリミングで行う歯石取りは何も良いことがない。

①歯石を取るためのスケーラーは刃物である。前述した通り触ると嫌がるような子に刃物を使って歯石を取る。想像しただけで恐ろしい。
②仮に無麻酔で歯石取りを行なった場合、一時的にキレイになる。しかし、そこはより歯石のつきやすい場所となっている。実際の現場では最後にザラザラになっている歯に研磨剤を塗ることによってツルツルな歯にしている。
③そもそも人では美容室に行って歯を治療するのだろうか。美容室には髪を切りに行くし、歯医者に行って歯を治療する。犬の世界にトリミングに行ってついでに歯をやるという習慣は存在しない。このようなことから是非とも無麻酔での歯石取りはやめていただきたい。

実際の歯科処置

人と違い2?3本治してまた来週ということはできないため、麻酔をかけて全ての歯を治療する。歯石を取り、レントゲンを撮って評価し、残しておいてもダメな歯は抜歯する。ビックリする方も多いかもしれないが場合によっては全ての歯を抜くこともある。そうしたらご飯が食べれないのでは?と聞かれることもあるがワンちゃんは咀嚼(モグモグすること)をしない。丸のみである。そのため歯がなくても食事はできるのである。痛い歯がなくなったワンちゃんはその後元気になり、ドブのような歯ともおさらばできてオーナー様もハッピーである。

お家でのオーラルケアを

以上より簡単にではあるが歯周病についてまとめて見た。動物病院で歯科処置したから大丈夫!というものではない。家でのオーラルケアが重要となる。またの機会があれば家でのオーラルケアについて話せればと思う。読んで頂きありがとうございました。

珍しいペット「ハリネズミ」「フクロウ」とその特徴を紹介

珍しいペット「ハリネズミ」「フクロウ」とその特徴を紹介

ペットと言えば、犬や猫が定番ですが、定番ではなく、ちょっと変わった珍しいペットを飼ってみたい。
そんな人もいるでしょう。最近では爬虫類ぐらいでは珍しいとは言えないかもしれません。
では珍しいペットとは、どのようなペットがいるのか紹介していきます。

珍しいペット「ハリネズミ」

ハムスターなら飼っている人は少なくありませんが、ハリネズミはちょっと珍しいペットだと言えるのではないでしょうか?
ハリネズミと言えば、そのトゲトゲとした外見が有名ですが、実は愛らしい顔をしています。
またトゲを持っていても攻撃的な性格ではなく、とてもマイペースで見ているだけで癒される存在です。

トゲを立てるのは怒った時ではなく、臆病なので怖がっている時です。
いきなり触ろうとすると怯えてしまうので、徐々に慣らしていくようにして下さい。
実はハリネズミはとてもキレイ好きで、しつけなくてもトイレは1ヵ所で行う習性があります。

なのでペットとして飼うにも適性があると言えるでしょう。
相場価格は2~3万円です。

珍しいペット「フクロウ」

フクロウは幸せを呼ぶ鳥と言われているので、ペットにするには縁起がいい動物だと言えます。
またフクロウを飼う人は珍しくても、鳥をペットにする人は多いので、フクロウも鳥類なので飼育自体は難しくありません。

温度も湿度にも強いので、特に管理しなくても元気に育ってくれるでしょう。
それにフクロウは意外と人懐っこく甘えん坊な性格です。
人に慣れたら添い寝もしてくれるかもしれません。

ただし夜行性である事と、エサ代が大変な事は覚悟しておいて下さい。
ちなみにフクロウのエサは肉食で生肉なので人間の食費よりもかかってしまいます。
またフクロウ自体の価格も相場価格で30万円もするので、お金がかかるペットでもあります。

他にもキツネの仲間の「フェネック」や「ミニブタ」「チンチラ」など、珍しいペットは色々あります。
希少価値が高いペットほど相場価格も高くなってしまいますが、ペットが飼いたい人はいろいろ調べてみると面白いと言えるでしょう。

動物病院は「確かな技術・信頼できる獣医」かどうかしっかり見極めましょう!

動物病院は「確かな技術・信頼できる獣医」かどうかしっかり見極めましょう!

動物病院で、一匹のワンちゃんに注射した注射器を何度も使いまわしするような獣医がいるそうです。病院の経費削減のためのようですが、飼い主の方にしてみればそんな動物病院にはお世話になりたくありませんよね。大切な愛犬を守るために、あなたがしっかりと獣医の人格を見極める目を持ちましょう。

安心して愛犬を診てもらえる獣医を探そう

獣医の中にも、実は悪徳なタイプの人がいます。良心的な獣医かどうかを見分けるコツの一つに、電話応対の仕方が挙げられます。受付スタッフが電話に出た場合でも、きちんと丁寧に対応してくれるかどうかで善良な動物病院かどうかを見分けることができるでしょう。
何よりも、ワンちゃんや飼い主さんのことを一番に考えてくれる医師に診察してもらいたいですよね。
愛犬にワクチン注射などをしてもらう際には、動物病院で新しい袋から注射器が取り出されるところを確認しましょう。本当にワンちゃんのことを親身になって考えている獣医なら、まず注射器の使いまわしなどという悪質な行為はしないのが普通です。

飼い主と向き合って対話してくれる獣医がいい

獣医とよく会話することによって、本当にワンちゃんのことを考えてくれている医師であるかどうかがわかります。いい加減な雰囲気で、お金を儲けることだけを優先するような人には愛犬を任せたくないものですよね。
とにかく、善良な獣医を探したければ、その人間性に着目しましょう。相手がどのような人であるかを、きちんと見極める目を持たなければなりません。
診察中に他の獣医の悪口を言ってみたり、自分の知識を自慢げにひけらかすような人である場合は要注意です。その胸にワンちゃんに対する愛の心があるかどうかを、飼い主さんがしっかり確認する必要があるでしょう。

悪徳な獣医を撲滅しよう

一度ワンちゃんに使った注射針を使いまわしするような悪徳な獣医は、本当に許せませんよね。そのような動物病院は、次第に撲滅されなければならないでしょう。
やはり、愛犬を診察してくれる獣医は、ワンちゃんへの深い愛情にあふれた人であってほしいものですね。

ペットの原因不明なお腹の膨れは病気のサイン!

ペットの原因不明なお腹の膨れは病気のサイン!

ペットのお腹が膨れている。
それがもし、フードの食べ過ぎが原因では無かったら?
太った、運動不足だから、最もな理由をつけて見過ごしていませんか?
不自然なお腹の膨れは、ペットからのSOSです。
キチンとした知識を持って対処しましょう。

食べ過ぎだけが原因じゃ無い!お腹の膨れに要注意!

フードを過剰に与えた訳でも無いのに、ペットのお腹が不自然に膨れている・・・
みなさんそう言った経験は御座いませんか?
お腹の膨れは、重大な病気のサインでもあります。
勝手な判断で処置を怠ると、最悪の場合死に至ります。
何故膨れているのか?それに伴ってどの様な症状が出ているのか?
それらを知っておく事で、大事なペットの命を守る事が出来ます。

お腹の膨れと共に見られる症状から考えられる病気
◯お腹の膨れ、吐き気あるのに上手く吐けない・・『胃拡張・胃捻転』
ガスや食べ物で膨らんだ胃が捻れる病気です。
吐こうとしても吐く事が出来ない、大量の涎が出てしまう等の症状が見られる場合は要注意です。
食後の激しい運動が原因の一つと言われており、放置してしまうと最悪の場合死に至ります。
対策として、一回一回の餌の量を減らす、食後の運動を控えさせる等が挙げられます。

◯メスの犬のお腹の膨れに伴う、発熱、おりもの・・『子宮蓄膿症』
避妊手術をしていないメスの犬にお腹の膨れ、発熱、おりものが見られた場合。
『子宮蓄膿症』の可能性が考えられます。
大腸菌などの細菌が子宮に感染するこの病気、進行すると嘔吐や下痢、腎不全などを併発する事もあります。

◯お腹の膨れに伴う、荒い呼吸、咳・・『フィラリア』
咳や呼吸の荒さが目立つ場合、フィラリアに寄生されている可能性もあります。
腹水によるお腹の張り等の症状が徐々に出始め、臓器の機能不全に繋がる恐れもあります。
予防薬によってある程度防ぐ事が出来るので、決められた期間を守って投与しましょう。

◯子犬のお腹が膨れる、それに伴う嘔吐や下痢、発育不良・・『回虫症』
白いミミズのような寄生虫に子犬が寄生された場合、膨れや嘔吐、発育不良などの症状が出ます。
これを『回虫症』と言い、回虫を持つ生き物の捕食などで感染します。

◯お腹の膨れに伴う咳、失神・・『拡張型心筋症』
お腹の膨れに伴って失神や咳などの症状が見られる場合が『拡張型心筋症』の可能性が考えられます。
初期症状は無く、症状が出始めた時にはかなり進行している場合が殆どです。
不整脈を起こす事もあり、最悪の場合死に至ります。

サインを見逃さず、些細な事でも気にかけよう

不自然なお腹の膨れは、様々の病気のサインでもあります。
少しでもおかしいと感じたら、直ぐに病院に連れて行きましょう。
あなたのペットを救えるのは、あなたにしか出来ません。

ペットロスを防ぐ、愛猫との上手な付き合い方

ペットロスを防ぐ、愛猫との上手な付き合い方

人間と同じ様に猫にも何時必ず訪れる『死』
猫の寿命は10年〜20年と言われています。 
現代社会で大きな問題となっている『ペットロス』
愛猫がこの世を去った後、あなたはペットロスと向き合う事は出来ますか?
何時か来るその時の為に、今私たちに出来る事とは・・・

愛する猫の『命』を理解する

人間よりも遥かに短い猫の寿命。
死を受け入れる事が出来ず、深刻なペットロスに陥ってしまう。
確かに、愛する猫の死は受け入れ難いものです。
しかし、彼らと過ごしたかけがえの無い時間や思い出は決して消える事はありません。
猫の寿命、命の長さを理解し、自分が彼らに何を与える事が出来るのかを考えましょう。
今からそうしておく事、突然訪れるペットロスともキチンと向き合う事が出来ます。

今から私たちに出来る事

◯後悔しない様、最大限の愛を注ぐ
「飼い猫に私は何をしてあげただろうか」「私は彼らに何を与えただろうか」
こういった自責の念や後悔がペットロスへと繋がっていきます。
あなたは一つの命をしっかりと育み、数え切れない幸せを飼い猫に与えている筈です。
もし、何かまだ『してあげたい』事があるのであれば、後々、後悔しない様出来る範囲でやってあげましょう。
また、あまりに辛い別れのために『こんなに辛いのならば飼わなければよかった』と考えてしまう人も多くいます。
それは大きな間違いです。
愛猫が初めて家に来た時から、あなたは数え切れないほどの喜びを感じている筈です。
それは猫にとっても同じです。
思い出を無かった事にするのは、あまりにも悲しい事です。
『この子を飼ってよかった』
胸を張ってそう言える様、今という時間を大切にしましょう。

前を向いて進んでいこう

飼い猫がいない事実を受け入れるのは難しい事です。
しかし、何時までも下を向いていては何も変わりません。
別れは終わりでもあり、新たな事への始まりでもあります。
愛猫との時間はあなたの中で永遠に生き続けます。
旅立った猫との思い出を大切な宝物にして、また前を向いて進んで行きましょう。

意外なものも?犬に食べさせてはいけない危険な食べ物について

意外なものも?犬に食べさせてはいけない危険な食べ物について

犬を飼う上では、大事なのは食べ物の管理についてです。
犬用のペットフードを与えていれば基本的に問題ないのですが、それ以外の部分で犬が食べてしまわないようにする、ということも大事なことなので気をつけることについて紹介しましょう。

犬に絶対食べさせてはいけない物

実は、犬は人間と内臓や腸内構造が違うため人間には平気な物でも毒になる食べ物という物があるんですね。
これらは、健康を害するどころか生命に関わることもありますので要注意です。
代表的なのが玉ねぎやネギですね、これらは犬にとっては猛毒で食べるだけで最悪の場合は死に至る事もあるのであげないようにすることはもちろんですが、犬が拾い食いをしたりしないように絶対に外に出したまま放置したり、野菜の欠片などを落としたままにしないようにしましょう。
ちょっとでも口にするのが危険なので、与えないだけでなく犬が誤って食べないように管理するということが大事になってきますね。

それ以外に気をつけたい物は

他には、ネギなどと同じくニンニクやアボカドも食べると危険なので絶対に食べさせないようにしましょう。
他には、チョコレートやカフェインなどが入っている成分は体に良くないので注意してあげましょう。
他には、生の肉や魚なども寄生虫が居る場合がありますのでこれもあげるならば加熱してから与えるように気をつけた方がいいですね。
あとは、塩分の濃い物や香辛料などの刺激物なども人間以上に犬には影響を与えがちですので、気をつけてあげたほうがいいですね。

意外な物もだめ

ほかには、実は牛乳もダメです。
犬も猫も人間の飲む牛乳は乳糖分解酵素がないためお腹を壊してしまうんですね。
あげるならペット用のミルクか、赤ちゃん用のスキムミルクなどがいいでしょう
他にも、最近わかった中毒症状を起こす食べ物の一つがぶどう類の食べ物ですね。
特に、ぶどうの皮は非常に危険なので、食べた後のぶどうの皮の処理は気をつけましょう。

知っておいて損はない!去勢手術が犬に与える影響について

知っておいて損はない!去勢手術が犬に与える影響について

昨今は犬に去勢手術を行う方も増えてきていると思います。では、このように去勢手術を行うことで犬にはどんな影響があるのでしょうか。そういった点を知っておくことで、去勢手術を受けさせるか否かの選択をすることができるよようになります。

性格はどのように変わるのでしょうか

一般的な感覚としましては、去勢手術をすることで性格が穏やかになるというイメージがあると思います。これは実は間違ってはありません。しかしながら、犬の性格自体が全く変わってしまうということではない点には注意が必要です。
といいますのも、去勢をすることで犬には発情が起こらなくなります。その結果、そういった性ホルモンによるストレスから解放されることになり、それで性格が穏やかになったように感じられるというわけなのです。しかしながら、稀な例ではありますが、手術により過度のストレスを受けることで、手術後の性格が凶暴になってしまうこともあるようです。

マーキングはどうなるのでしょうか

マーキングは、犬が自分の縄張りを示すための行動ですが、去勢手術をすることでこの行動についてはどうなるのでしょうか。こちらについては非常に個体差があります。といいますのも、成犬になってからの去勢手術では、すでにマーキングが習慣として刷り込まれているため、手術をしたからといってマーキングがなくならないことが多いのです。

太りやすくなるのでしょうか

一般的に去勢された犬は太ることが多いようです。しかしながら、それは犬の代謝が落ちたり、食欲が増進されたからというだけでなく、買主が余計におやつをあげてしまうことによるものであることが多いです。手術をしたというだけで、ぶくぶくと太っていくことはないので、食事管理をしっかりとしてあげましょう。

去勢手術では動物病院選びが重要です!

犬であったも手術は大変なことです。術後のケアもしっかりと行ってくれる動物病院を見つけることで、犬に過度なストレスを与えることなく手術をすることができます。

犬のおやつに美味しくて低カロリーで手軽に手に入るバナナが最適

犬のおやつに美味しくて低カロリーで手軽に手に入るバナナが最適

愛犬のおやつは、やっぱり体に良いもので経済的にも無理のないものが理想です。そんな理想の愛犬のおやつに、なんとバナナがおすすめとのこと。バナナが犬に良いなんて知らない人も多いのではないでしょうか。

愛犬のおやつの条件

愛犬のおやつの条件は、はやり安心して食べさせられるものが一番です。最近では添加物の多いおやつなども出回っていますが、できればナチュラルなものがベストではないでしょうか。そして愛犬が美味しく食べられることと、腹持ちが良いこと、そして最近の愛犬は運動不足もあるので低カロリーであることも条件に入れたいところです。
ワンちゃんだっておやつはとても楽しみな時間なので、できるだけ喜んでくれるものを与えたいもの。そしてやはりお財布に優しいことも重要ではないでしょうか。これらの条件をすべて兼ねているものがバナナだったのです。

バナナの魅力

愛犬のおやつにバナナとは、ちょっと驚いた人もいるのではないでしょうか。しかしバナナには魅力がいっぱいなのです。まず愛犬にとってバナナはとても甘くて美味しいおやつだということ。ましてドッグフードばかり食べている愛犬にとって、なんとも素晴らしい味と香りではないでしょうか。ワンちゃんも大満足のはずです。つまりワンちゃんの精神的な満足度も高まります。
そして腹持ちが良いので食いしん坊さんの愛犬でもokですが、カロリーは控え目なので安心です。そしてわたしたち人間にとっても食物繊維が豊富なバナナは腸内環境を良くしてくれることでも知られていますが、ワンちゃんにとっても整腸作用が魅力です。

バナナを食べさせる際の注意も

しかしバナナをおやつに食べさせるときには、注意しなければならないことも。美味しいバナナはワンちゃんもお気に入りになるはずです。あまり美味しくないドッグフードより当然美味しいと感じるでしょう。だからこそ食べ過ぎには注意が必要です。
おやつの食べ過ぎで食事が入らなくなってしまったり、いくら低カロリーのバナナでも体にも食べ過ぎればカロリーの摂り過ぎにもなります。5キログラムのワンちゃんの場合でバナナ1日2分の1程度が目安で食べさせるようにしましょう。
ワンちゃんのためにも与える量を注意して、美味しいおやつを食べさせてあげたいものです。そして元気に長生きするためにも、バナナは最高のおやつではないでしょうか。

留守番の愛犬のエアコンは何度がいいの?停電対策はどうしている?

留守番の愛犬のエアコンは何度がいいの?停電対策はどうしている?

真夏の暑い中や真冬の寒い中では、愛犬のお留守番にはエアコンは欠かせません。でも犬にとって良い室温って何度なのでしょう? そしてもし停電になったらどうしたらいいのかなど考えてみましょう。

お留守番のときに室温について

夏の暑さや冬の寒さの厳しいときには、窓を閉めっぱなしでのお留守番など絶対にワンちゃんの命にかかわることもあります。そのためエアコンをつけてあげるようにしましょう。そのときの室温設定は基本的には外と室温の差が5度と言われています。
例えば真夏に外が30度だったらエアコン設定では25度程度です。しかし朝出掛けるときにもう30度ある場合、夕方には35度ぐらいになる可能性があります。夕方になっても帰ることができないなら、35度になることも想定して、28度程度にしておくといいのではないでしょうか。
しかしワンちゃんの熱中症も気になるところです。熱中症の場合は、温度だけでなく湿度も関係してきます。そこでエアコンの除湿機能の利用もおすすめです。これならサラッと湿度も低く一定の涼しさもあって愛犬も気持良く過ごせるのではないでしょうか。

停電したらどうするの?

しかし電気製品に頼っていて一番怖いのが停電です。夏などは雷などによる一時的な停電なども結構あります。そんなときにはどうしたらいいのでしょう。防犯のために窓はすべて閉めている家も多いはず。でも犬は暑くなったら冷たい床を探して寝そべったり、日の当たらない日陰に体を寄せたり、動物の本能で非難してくれます。そのため人間のようにダメージが大きくないはずです。
そして、できるだけワンちゃんを自由にしておきましょう。例えばオリの中に入れてしまうと、ワンちゃんは動きが取れません。しかし部屋の中を自由に移動できるようにしてあれば、どうにでも避難することができるはず。そしてできればアルミプレートや大理石を敷いておくと、少しでも冷たいところにワンちゃんは避難しています。そんな避難場所を、幾つか作っておいてあげるといいのではないでしょうか。

ワンちゃんは人間とは違う

ワンちゃんだって人間と同じように、暑すぎや寒すぎは嫌なものです。でも人間が考えるより、ずっとたくましいものです。そのためちょっとした工夫で、停電など文明の利器が使えなくなっても上手に乗り越えてくれます。人間と同じように考えてしまいがちですが、その辺は人間とは違うことも知っておきましょう。

ゴールデンレトリバーについて知りたい・ゴールデンレトリバーについてのあれこれ

ゴールデンレトリバーについて知りたい・ゴールデンレトリバーについてのあれこれ

ゴールデンレトリバーが好きな人、もっと知りたい人、飼いたいと思っている人も多いのではないでしょうか。そんな人にゴールデンレトリバーのさまざまをご紹介しましょう。

ゴールデンレトリバーの起源について

19世紀にスコットランドのダッドリー・マーシュバンクス伯爵の交配によって誕生したと言われています。交配といっても1回や2回の交配ではなく、何十年も掛けて何回も交配を重ねて今のゴールデンレトリバーが生まれたのです。

外見の魅力

ゴールデンレトリバーの外見が、とても美しいことでも知られています。美しい長い毛は白っぽいベージュから狐色系のものが多く、とてもツヤがありふさふさした美しい毛です。雌の体重は約24〜29?、雄の体重は約29〜34?程度と、雄の方が少し大きめになります。

ゴールデンレトリバーの系統

ゴールデンレトリバーにはアメリカ系とイギリス系があります。アメリカ系の方が色が濃いめで全体に体型がすっきりしており、鼻も高くなっています。全体にふっくらしてがっちりしたイメージで、毛の色が薄めの方がイギリス系と言えます。

どんな性格?

やはりこれからゴールデンレトリバーを飼いたいと思っている人などは、性格も知っておきたいところではないでしょうか。アメリカ系とイギリス系では少し違いがあり、傾向としてはアメリカ系は明るく元気が良く、イギリス系は静かで大人しいということで見た目どおりという感じです。
とはいっても全体的には賢く、温和で頭が良く、親しみがあるタイプとのこと。そして飼い主の気持ちを察することがとても上手です。また忍耐力がありますが、寂しがり屋で家族と一緒に行動することが大好きです。しつけもしやすく、子どもでも扱いやすい犬種です。

運動量について

ゴールデンレトリバーの運動量は、1日1時間のお散歩を1〜2回が理想です。少なくとも1日1回は1時間程度の運動をさせてあげたいものです。

ゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバーって同じ犬種じゃなかったの?

ゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバーは同じ犬種だと思っている人がとても多く、どちらがどちらか分からない人もいるようです。ラブラドールレトリバーには黒やチョコ色タイプが多いようですが、ゴールデンレトリバーにはこれらの色はありません。
名前も似ているし、外見的にもとても似ていると感じている人も多いのではないでしょうか。しかしゴールデンレトリバーはウェイビーコーテッド・レトリーバー/ツウィード・ウォーター・スパニエルなどの交配から生まれ、ラブラドールレトリバーはセント・ジョンズ・レトリーバー/ニューファンドランドなどの交配から生まれており、基本的には犬種は違うのです。