留守番の愛犬のエアコンは何度がいいの?停電対策はどうしている?

留守番の愛犬のエアコンは何度がいいの?停電対策はどうしている?

真夏の暑い中や真冬の寒い中では、愛犬のお留守番にはエアコンは欠かせません。でも犬にとって良い室温って何度なのでしょう? そしてもし停電になったらどうしたらいいのかなど考えてみましょう。

お留守番のときに室温について

夏の暑さや冬の寒さの厳しいときには、窓を閉めっぱなしでのお留守番など絶対にワンちゃんの命にかかわることもあります。そのためエアコンをつけてあげるようにしましょう。そのときの室温設定は基本的には外と室温の差が5度と言われています。
例えば真夏に外が30度だったらエアコン設定では25度程度です。しかし朝出掛けるときにもう30度ある場合、夕方には35度ぐらいになる可能性があります。夕方になっても帰ることができないなら、35度になることも想定して、28度程度にしておくといいのではないでしょうか。
しかしワンちゃんの熱中症も気になるところです。熱中症の場合は、温度だけでなく湿度も関係してきます。そこでエアコンの除湿機能の利用もおすすめです。これならサラッと湿度も低く一定の涼しさもあって愛犬も気持良く過ごせるのではないでしょうか。

停電したらどうするの?

しかし電気製品に頼っていて一番怖いのが停電です。夏などは雷などによる一時的な停電なども結構あります。そんなときにはどうしたらいいのでしょう。防犯のために窓はすべて閉めている家も多いはず。でも犬は暑くなったら冷たい床を探して寝そべったり、日の当たらない日陰に体を寄せたり、動物の本能で非難してくれます。そのため人間のようにダメージが大きくないはずです。
そして、できるだけワンちゃんを自由にしておきましょう。例えばオリの中に入れてしまうと、ワンちゃんは動きが取れません。しかし部屋の中を自由に移動できるようにしてあれば、どうにでも避難することができるはず。そしてできればアルミプレートや大理石を敷いておくと、少しでも冷たいところにワンちゃんは避難しています。そんな避難場所を、幾つか作っておいてあげるといいのではないでしょうか。

ワンちゃんは人間とは違う

ワンちゃんだって人間と同じように、暑すぎや寒すぎは嫌なものです。でも人間が考えるより、ずっとたくましいものです。そのためちょっとした工夫で、停電など文明の利器が使えなくなっても上手に乗り越えてくれます。人間と同じように考えてしまいがちですが、その辺は人間とは違うことも知っておきましょう。