ゴールデンレトリバーについて知りたい・ゴールデンレトリバーについてのあれこれ

ゴールデンレトリバーについて知りたい・ゴールデンレトリバーについてのあれこれ

ゴールデンレトリバーが好きな人、もっと知りたい人、飼いたいと思っている人も多いのではないでしょうか。そんな人にゴールデンレトリバーのさまざまをご紹介しましょう。

ゴールデンレトリバーの起源について

19世紀にスコットランドのダッドリー・マーシュバンクス伯爵の交配によって誕生したと言われています。交配といっても1回や2回の交配ではなく、何十年も掛けて何回も交配を重ねて今のゴールデンレトリバーが生まれたのです。

外見の魅力

ゴールデンレトリバーの外見が、とても美しいことでも知られています。美しい長い毛は白っぽいベージュから狐色系のものが多く、とてもツヤがありふさふさした美しい毛です。雌の体重は約24〜29?、雄の体重は約29〜34?程度と、雄の方が少し大きめになります。

ゴールデンレトリバーの系統

ゴールデンレトリバーにはアメリカ系とイギリス系があります。アメリカ系の方が色が濃いめで全体に体型がすっきりしており、鼻も高くなっています。全体にふっくらしてがっちりしたイメージで、毛の色が薄めの方がイギリス系と言えます。

どんな性格?

やはりこれからゴールデンレトリバーを飼いたいと思っている人などは、性格も知っておきたいところではないでしょうか。アメリカ系とイギリス系では少し違いがあり、傾向としてはアメリカ系は明るく元気が良く、イギリス系は静かで大人しいということで見た目どおりという感じです。
とはいっても全体的には賢く、温和で頭が良く、親しみがあるタイプとのこと。そして飼い主の気持ちを察することがとても上手です。また忍耐力がありますが、寂しがり屋で家族と一緒に行動することが大好きです。しつけもしやすく、子どもでも扱いやすい犬種です。

運動量について

ゴールデンレトリバーの運動量は、1日1時間のお散歩を1〜2回が理想です。少なくとも1日1回は1時間程度の運動をさせてあげたいものです。

ゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバーって同じ犬種じゃなかったの?

ゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバーは同じ犬種だと思っている人がとても多く、どちらがどちらか分からない人もいるようです。ラブラドールレトリバーには黒やチョコ色タイプが多いようですが、ゴールデンレトリバーにはこれらの色はありません。
名前も似ているし、外見的にもとても似ていると感じている人も多いのではないでしょうか。しかしゴールデンレトリバーはウェイビーコーテッド・レトリーバー/ツウィード・ウォーター・スパニエルなどの交配から生まれ、ラブラドールレトリバーはセント・ジョンズ・レトリーバー/ニューファンドランドなどの交配から生まれており、基本的には犬種は違うのです。