ハムスターを飼う際にチェックしておきたい注意点

ハムスターを飼う際にチェックしておきたい注意点

ペットの中でも特に人気が高いのがハムスターです。小型で愛くるしい存在であると同時に飼いやすいイメージを持たれる方も多く、ペットを飼おうと思っている方は真っ先に思い浮かべる存在ではないでしょうか。ただハムスターには独自の飼い方があり注意しなければならない点も存在しており簡単ではありません。

「ハムスターは乾燥に強く湿気に弱い性質を持つ」

ハムスターを飼育していく環境についてですが乾燥した空間を作り湿気をできるだけ発生させないのが基本となります。ハムスターにとって湿気は大敵であり下痢を引き起こす要因となるなど注意が必要です。具体的にはハムスターのケージ内に敷材を敷きつめることで乾燥状態を保つことができますので利用しましょう。

またハムスターが最も過ごしやすい気温とされているのが20~24度前後だとされています。気温の高低が大きい窓際やクーラーやヒーターが当たる場所などは避けるようにしましょう。さらにハムスターは臭いなどにも敏感な生き物ですので、キッチンなどの食べ物を扱う場所にケージを置かないようにするなどストレスが溜まりにくい環境を作ってあげるのが不可欠です。

「ハムスターに与えるエサは変化を与えず一定のものを」

ハムスターは非常に環境の変化に弱い生き物でありそれは食事の際にも同様のことがいえます。毎日食べるエサが変わってしまうとストレスを感じて下痢などの病気を引き起こしかねない繊細な生き物なのです。

基本的には市販されているペレットタイプやミックスフードなど人工飼料を与えつつ間食のおやつとして野菜や果実などを与えていきます。間食のおやつや副菜として提供するのが好ましいのは大根の葉や人参、カボチャやキャベツ、トウモロコシやブロッコリーなどとされており、これらをしっかりと水気を切った状態で出してあげるのが好ましいでしょう。

「ハムスターが病気になった時の注意点」

ハムスターはストレスに弱い生き物ですので病気の進行も早く注意が必要です。病気になった際には必ず何らかのサインがありますので見逃さないようにしましょう。痛みを我慢するためにいつもより多く走り回っていたり、逆にじっと動かないようになるなどが病気の前兆とされています。これらのサインを見逃さないようにして様子がおかしいと思えば早めに病院へと連れていくのがポイントです。

「まとめ」

上記にようにハムスターを飼う時にチェックしなければ点は意外と多くあります。ハムスターは非常にストレスに弱い生き物ですので、ハムスターを飼う際には様々な注意点をチェックしつつ飼育していくといいでしょう。

関連記事です