犬のおやつに美味しくて低カロリーで手軽に手に入るバナナが最適

犬のおやつに美味しくて低カロリーで手軽に手に入るバナナが最適

愛犬のおやつは、やっぱり体に良いもので経済的にも無理のないものが理想です。そんな理想の愛犬のおやつに、なんとバナナがおすすめとのこと。バナナが犬に良いなんて知らない人も多いのではないでしょうか。

愛犬のおやつの条件

愛犬のおやつの条件は、はやり安心して食べさせられるものが一番です。最近では添加物の多いおやつなども出回っていますが、できればナチュラルなものがベストではないでしょうか。そして愛犬が美味しく食べられることと、腹持ちが良いこと、そして最近の愛犬は運動不足もあるので低カロリーであることも条件に入れたいところです。
ワンちゃんだっておやつはとても楽しみな時間なので、できるだけ喜んでくれるものを与えたいもの。そしてやはりお財布に優しいことも重要ではないでしょうか。これらの条件をすべて兼ねているものがバナナだったのです。

バナナの魅力

愛犬のおやつにバナナとは、ちょっと驚いた人もいるのではないでしょうか。しかしバナナには魅力がいっぱいなのです。まず愛犬にとってバナナはとても甘くて美味しいおやつだということ。ましてドッグフードばかり食べている愛犬にとって、なんとも素晴らしい味と香りではないでしょうか。ワンちゃんも大満足のはずです。つまりワンちゃんの精神的な満足度も高まります。
そして腹持ちが良いので食いしん坊さんの愛犬でもokですが、カロリーは控え目なので安心です。そしてわたしたち人間にとっても食物繊維が豊富なバナナは腸内環境を良くしてくれることでも知られていますが、ワンちゃんにとっても整腸作用が魅力です。

バナナを食べさせる際の注意も

しかしバナナをおやつに食べさせるときには、注意しなければならないことも。美味しいバナナはワンちゃんもお気に入りになるはずです。あまり美味しくないドッグフードより当然美味しいと感じるでしょう。だからこそ食べ過ぎには注意が必要です。
おやつの食べ過ぎで食事が入らなくなってしまったり、いくら低カロリーのバナナでも体にも食べ過ぎればカロリーの摂り過ぎにもなります。5キログラムのワンちゃんの場合でバナナ1日2分の1程度が目安で食べさせるようにしましょう。
ワンちゃんのためにも与える量を注意して、美味しいおやつを食べさせてあげたいものです。そして元気に長生きするためにも、バナナは最高のおやつではないでしょうか。

関連記事です

  • ペットロスを防ぐ、愛猫との上手な付き合い方ペットロスを防ぐ、愛猫との上手な付き合い方 人間と同じ様に猫にも何時必ず訪れる『死』 猫の寿命は10年〜20年と言われています。  現代社会で大きな問題となっている『ペットロス』 愛猫がこの世を去った後、あなたはペットロスと向き合う事は出来ますか? 何時か来るその時の為に、今私たちに出来る事とは・・・ 愛す […]
  • ゴールデンレトリバーについて知りたい・ゴールデンレトリバーについてのあれこれゴールデンレトリバーについて知りたい・ゴールデンレトリバーについてのあれこれ ゴールデンレトリバーが好きな人、もっと知りたい人、飼いたいと思っている人も多いのではないでしょうか。そんな人にゴールデンレトリバーのさまざまをご紹介しましょう。 ゴールデンレトリバーの起源について 19世紀にスコットランドのダッドリー・マーシュバンクス伯爵の交配によって […]
  • 動物病院は「確かな技術・信頼できる獣医」かどうかしっかり見極めましょう!動物病院は「確かな技術・信頼できる獣医」かどうかしっかり見極めましょう! 動物病院で、一匹のワンちゃんに注射した注射器を何度も使いまわしするような獣医がいるそうです。病院の経費削減のためのようですが、飼い主の方にしてみればそんな動物病院にはお世話になりたくありませんよね。大切な愛犬を守るために、あなたがしっかりと獣医の人格を見極める目を持ちましょう。 […]
  • 知っておいて損はない!去勢手術が犬に与える影響について知っておいて損はない!去勢手術が犬に与える影響について 昨今は犬に去勢手術を行う方も増えてきていると思います。では、このように去勢手術を行うことで犬にはどんな影響があるのでしょうか。そういった点を知っておくことで、去勢手術を受けさせるか否かの選択をすることができるよようになります。 性格はどのように変わるのでしょうか 一般的 […]
  • ペットの原因不明なお腹の膨れは病気のサイン!ペットの原因不明なお腹の膨れは病気のサイン! ペットのお腹が膨れている。 それがもし、フードの食べ過ぎが原因では無かったら? 太った、運動不足だから、最もな理由をつけて見過ごしていませんか? 不自然なお腹の膨れは、ペットからのSOSです。 キチンとした知識を持って対処しましょう。 食べ過ぎだけが原因じゃ無い! […]